2015年2月 のアーカイブ

「きんとう基金」 活動助成金

2015年2月17日 火曜日

 

2015年の助成金を募集します。今年はより利用がしやすいように、助成金を2種類にしました。

 

基金の趣旨は以下の通りです。応募の検討をされる団体・個人の方は下記の柚木までメールでご連絡ください。助成金要綱並びに助成金申請書のファイルを個別にお送りします。

連絡先メール:yunokiyasuko@nifty.com

 

 

◆助成金の趣旨

1、この活動助成金は、女性運動の発展に寄与する活動のために全石油昭和シェル労働組合によって提供された「きんとう基金」の運営の一部として設けられたものである。

2、きんとう基金は規約で、「女性の労働が正当に評価され、ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)が実現し、すべての女性が基本的人権を享受できる社会を目指して活動することを目的とする」と謳っており、活動助成金はこの目的に沿った活動を支えるために使用される。

 

 

◆助成金募集概要

1、応募資格

1)国内の民間団体・グループおよび個人で、調査・研究・出版・啓蒙活動を行うものであること
2)特定の政党・宗教団体、営利を目的とするグループの活動ではないこと

 

2、助成金額

ア)1申請につき50万円を限度とし、かつ実際にかかる費用3分の2以下とする
イ)1申請につき20万円を限度とし、自己負担金はゼロとする。

但し、審査の結果減額することもある
助成は各々2件を予定しています。

 

3、2015年度の応募締切
:2015年3月15日

 

対象の事業は原則、2015年4月〜2016年3月に実施されるものとなります。
人文科学、社会科学に関するグループ研究助成

 

 

公益財団法人サントリー文化財団 「人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」「地域文化に関するグループ研究助成」募集

2015年2月17日 火曜日

2015年度
「人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」
「地域文化に関するグループ研究助成」募集

http://www.suntory.co.jp/news/2015/12279.html

 

 

公益財団法人サントリー文化財団(理事長 鳥井信吾)は、2015年度「人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」と「地域文化に関するグループ研究助成」を下記の通り募集します。

 

 

(さらに…)

名古屋工業大学 女性教員募集(心理学)

2015年2月3日 火曜日

 

1.募集人員     准教授 1名 女性であること。
(男女雇用機会均等法第8 条(女性労働者に係る措置に関する特例)に準拠する募集案件です。本学では,男女共同参画社会基本法の精神に則り,教員の選考を行っております。)
2.担  当   工学教育総合センター/工学部 第一部および第二部、共通教育、大学院工学研究科
3.専門分野   心理学分野
4.担当科目    「対人コミュニケーション論」「心理学」(第一部、第二部)の科目及び大学院一般共通科目「心理学特論」
5.応募条件
博士号(Ph.Dを含む)取得またはそれと同等の能力を有する者で大学、大学院で教育・研究指導を行う十分な能力を有すること。社会心理学または教育心理学の分野における研究意欲と学識、研究業績を有する者。生涯学習関連の公開講座の企画立案や、学内外でのメンタルヘルスの指導ができる者。特に男女共同参画社会にむけて、ジェンダーの視点から、本学が推進している工学部の女子学生、女性研究者の為のキャリアパス形成教育に貢献できる者。
6.採用予定年月日 平成27年8月1日以降できるだけ早い時期
7.給与 年俸制を採用 (任期なし)
8.提出書類
1) 履歴書(写真添付、電子メールアドレス記載、学歴、職歴、所属学会、社会的活動、メンタルヘルスや男女共同参画に関する主な活動実績を記載すること)
2) 業績目録(著書、総説解説、ジャーナル論文、国際会議論文、講演・口頭発表、特許、その他の特記事項(受賞、招待講演等)に分類しジャーナル論文と国際会議論文については査読の有無を記載すること)
3) 代表的論文等(5編以内、コピー可)
4) 外部資金獲得状況(科学研究費補助金、受託研究費、共同研究費、奨学寄附金、研究助成金等に関して、資金の名称、期間、研究テーマ、金額、代表者・分担者の別などを記載すること)
5) これまでの研究概要および今後の研究への展望(2000字以内)
6)  これまでの教育経験(実績を具体的に)と今後の教育に対する抱負ならびに、名古屋工業大学における生涯学習、男女共同参画に関する所見。(2000字以内)
7) 応募者について所見を伺える方2名の氏名、現職、連絡先、応募者との関係
9.応募期限  平成27年3月31日(火)必着
10.審査方法  書類審査の後、必要に応じてプレゼンテーションと面接を行う(旅費は自己負担)。
11.応募書類送付先および問い合わせ先
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町 名古屋工業大学大学院 工学研究科 しくみ領域工学教育総合センター 川橋 範子

TEL:052-735-5118  E-mail:kawahashi.noriko@nitech.ac.jp
付記
封筒に「教員応募書類在中」と朱書きし,必ず簡易書留または宅配便等,授受の確認ができる方法で送付してください。(原則として,審査終了後,応募書類は返却しますので,返送先を明記した返信用封筒に切手を添付して同封すること。)
応募に係る個人情報は個人情報保護法及び本学規定に基づいて適切な取り扱いをしますが,選考上照会等を行う場合がありますのでご了承の上応募下さい。

本学では、男女共同参画の推進を始めとして、多様性を重視した教育・研究・就業環境の整備を推進しています。

教員公募においては、業績等(研究業績,教育業績,社会的貢献ほか)及び人物評価において同等と認められた場合、女性と外国人を積極的に採用いたします。