ぜひ、ご協力を!「非正規職シングル女性の社会的支援に向けたニーズ調査」

「非正規職シングル女性の社会的支援に向けたニーズ調査」にご協力ください!
 (2015年10月25日まで)

http://www.women.city.yokohama.jp/topics/3790.php
<上記の公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会ウェブサイトより一部転載します>

2015年3月、横浜市男女共同参画推進協会では「非正規で働くシングル女性(35~44歳)の
ニーズ・課題に関するヒアリング調査」を実施し、報告書を発行しました。ここから
浮かび上がってきた雇用・経済不安や親の介護、孤立などの課題、ニーズをさらにつぶさに
拾い上げ、地域に合った社会的支援を考えるため、このたびウェブアンケートによる調査を実施します。
(※大阪市男女共同参画のまち創生協会および福岡女子大学教授とチームを組み、3都市で実施)
みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。
■調査概要

【調査対象】横浜市、大阪市、福岡市を中心とする都市に在住し、非正規職で働く、
35~54歳のシングル女性
(婚姻歴不問、シングルマザーの方をのぞく)
※非正規職の定義:アルバイト、パート、派遣社員、契約社員等の方。個人事業主や
業務請負など、雇用契約ではない方も含めます。また、現在失業中の方でも、直近1年間で、
非正規で半年以上働いている方も含めます。
※今回、35~54歳までとしたのは、年齢が高くなるほど顕在化する課題(親の介護等)
を把握するためです。
【調査期間】2015年10月3日(土)~25日(日)24時
【調査方法】ウェブアンケート(33問)
【調査主体】公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会(本調査事務局)
      福岡女子大学教授 野依(のより)智子
【協 力】LOCAL GOOD YOKOHAMA
【非正規職シングル女性支援プログラム開発検討会】
  検討委員:鈴木晶子(一般社団法人インクルージョンネットかながわ 理事)
  錦戸かおり(キャリアカウンセラー)
■■ 追加情報 ■■■■  ■■■■  ■■■■ ■■■■ ■■■■
政策デザイン勉強会 「非正規職シングル女性の悩みと社会的支援を考える」
日時:10月14日(水)19:00~21:00  参加費:500円(申込不要)
場所:「さくらWORKS<関内>」(JR関内駅 徒歩5分)  横浜市中区相生町3-61
電話: 045-664-9009
報告: 植野ルナ(調査企画担当職員)、飯島裕子(ヒアリング調査監修者)、ほか
共催:NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボLOCAL GOOD YOKOHAMA
公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会

コメントは受け付けていません。