原発ゼロへ

「チームゼロネット」は、 2012年12月の脱原発世界会議2をきっかけに 新規立地計画をかかえる上関と大間、 そして原発が唯一稼働している大飯にフォーカスして 原発ゼロの未来を目指しひろく連携する有志のチームです。 それぞれの現地の状況に即した情報発信やアクションの呼びかけを目指します。 拡散にご協力くださるとありがたいです。

2014.7.1 トーク 原発は止められる!若狭、大間、祝島からのメッセージに、わたしたちはどう応えるか?

◆◆◆2014.7.1. トークイベント◆◆◆

<<<原発は止められる!
若狭・大間・祝島からのメッセージに、わたしたちはどう応えるか?>>>

この5月21日、福井地裁は大飯原発3・4号機差し止め請求裁判で
「大飯原発3・4号機の原子炉を運転してはならない」とする判決をだしました。
日本政府が、東電の福島第一原発事故が収束もしないまま
「原発ゼロ」から「原発回帰」への方針転換をしめすエネルギー基本計画を、
閣議決定(4月)した直後のことです。
現政権が時代の流れに激しく逆らおうとするなか、
司法はやっと変わりはじめているのかもしれません。

では私たちは、「原発ゼロ」を求めつづけるために、いま何ができるでしょうか。

このトークイベントでは、日本の首都・東京で、
地理的に隔てられた現地の人びとの声に、まず耳を澄ませます。
現地と都市圏のあいだの様々なギャップを知ることが、
小さく見えても大きな、最初の一歩。
違いを知り、そこから互いに感じ・学び・考え、行動へのヒントや発見を模索したい。
地域差別とも呼べる日本の原発問題について、
大量の電力を消費する都市圏に暮らす私たちの加害者性・被害者性・当事者性なども考えたい。

ぜひ、あなたもご一緒に。

【日時】2014年7月1日(火)午後7時〜8時30分(開場 午後6時30分)
【会場】早稲田奉仕園リバティホール(東京都新宿区西早稲田2-3-1)
最寄駅:地下鉄早稲田駅 徒歩5分、西早稲田駅 徒歩8分、JR・西武新宿線高田馬場駅からバス10分

アクセスマップ→ http://www.hoshien.or.jp/map/images/map130117.jpg

【出演】
今大地 はるみ(敦賀市議/大飯原発差し止め訴訟原告)
上野 千鶴子(ウィメンズアクションネットワーク理事長/社会学者)
奥本 征雄 (大間原発に反対する会)
木村 力(上関原発を建てさせない祝島島民の会運営委員)
清水 敏保(上関原発を建てさせない祝島島民の会代表)
橋本 典子(上関原発を建てさせない祝島島民の会)
山秋 真(チームゼロネット/ライター) (五十音順、敬称略)
◆司会:熱田敬子(早稲田大学ほか非常勤講師/WAN)

*大間と祝島の方々は、ビデオメッセージ+現地からオンライン参加となる場合もあります、ご了承ください。

【参加費】
一般:1,000円, 学生/非正規:500円、WAN会員:無料
定員80名、先着順。事前申込みは不要です。直接会場にお出でください。

【主催】チームゼロネット http://net.wan.or.jp/tzn/
[認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク (WAN)のプロジェクトです]
【協力】Voices WAN (WANのプロジェクト)
【協賛】国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、
グリーン・ウィメンズ・ネットワーク(国際環境NGOグリーンピースのプロジェクト)、
ピースボート(五十音順)

【お問い合わせ】チームゼロネット email: teamzeronet@yahoo.co.jp